あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年は色々と探りながらの1年でした。

今年は前年の失敗・成功を考えながらしっかり地に足をつけた業務に励みたいと存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年初の更新ですが、、、

福島県南相馬市に5泊6日で行ってまいりました。
せっかくなのでご報告させていただきます!

 

今年の年末年始はどこかに行こう!
と思い、11月初旬に「南相馬市立総合病院」に申し込みをして、緊張の中年末を迎えました。

年末の業務を終え、お片づけをし、高速バスに揺られながら、

DSC_0119福島に行ってまいりました。

福島県には結構深い縁があるはずなのに、今回福島駅に来たのは初めてでした。
駅自体はそんなに大きくないのですが、びっくりするほどの駅ビル!
川越とさほど変わりないほどの活気でした。

そして、福島駅から高速バスを乗り継ぎ、

DSC_0121

南相馬市立総合病院に到着。

DSC_0122DSC_0126

気にならなかったはずですが、実際に数字を出されると結構気になってしまう・・・
しかし、現地人の方々は至って普通でした。当たり前ですが。

この日の空間線量は0.272μSv。 東京都墨田区・葛飾区くらいの線量でした。

今回はリハビリテーション科に行って患者さんにリハビリをするのが目的です。
しっかりお話を聞いて、業務をこなしてまいりました。

一昨年にも訪問しているのですが、たった2年でここまで変わるんだ!と驚きました。

まず、人が多くなってます。避難から帰宅できている方が多くなっているのでしょうね。

そして、お店がやってる! 2年前はシャッターが閉まってるお店が多かったです。
今年もそんなに多くはありませんでしたが、時期が時期なので仕方ないのかなぁと。
帰路が1月4日でしたが、さすがに三が日が過ぎるとさらに街の活気が出てきていました。

まだまだ津波の爪痕が残っているのですが、側道が崩れていた国道が直っていたり、瓦礫がしっかり片付いていたり、
少しずつ街の再生が進んでいると体感できました。

さらに。患者さん・ご家族さんなどがとにかく笑顔でした。
被災地まっただ中で津波の爪痕が窓から見えるのにみなさんお元気!
これにはかなりびっくりでした!
「ボランティアいってお手伝いして感謝されてこよう!」などと胡散臭い気持ちで伺ったのに、
病院スタッフのみなさんや患者さんから声援や感謝のお言葉をいただき、
抱えきれないくらいの元気をいただいてきました。

「ありがとう」の言葉ってまがった心をまっすぐにする魔法の言葉なんですね。

そして最終日にご無理をいってスタッフ写真を撮影していただきました。
真ん中あたりに座っているのが私です。

DSC_0128

これ以上にない経験をさせていただき本当に感謝しています。

福島県 南相馬市立総合病院の方々!
今回は本当にありがとうございました!

南相馬市災害復旧復興ボランティアセンター
南相馬市立総合病院
福島県放射線量マップ

「しみてん」地方のおやつだそうです。おいしかった♪