顎が痛くて口が開かない/川越市 男性

1か月くらい前から顎が痛くて口がなかなか開かないという患者様が来院されました

 

通常、開くであろう口の開き方に少し足りず、口を開ききった際に顎の先が左にずれる症状がありました

痛くてかばってしまった時に、よく出現する症状が確認されました

 

かむ筋肉が全体的にこわばってしまっていたため、ほぐそうとマッサージを試みましたが、

硬すぎて、揉むたびにいたいとのことだったので思い切って鍼治療をお勧めしました

 

実は、がちがちに硬くなってしまった筋肉は鍼治療の得意分野なので、

今回のような「硬いけど触ると痛い」困った症状に非常に効果的です

鍼の深部への刺激により筋肉のこわばりが解け、血行促進されるのです

痛くてかばってがちがち筋肉の今回の患者様にはとても良い鍼への適応症状でした

 

かばって硬くなってしまった首の筋肉も含め

噛む筋肉のアプローチを鍼治療で行いました

 

25053

 

鍼治療後に少しマッサージを行いました、触られた時の痛みは少し落ち着いたとのことでした

 

お仕事でなかなかご自身のケアまで行き届かないことも多いですが、

やはり「身体が資本」です

しっかりお身体のメンテナンスを行い、明日からのお仕事に挑みましょう!

 

 

 

 

やまぶき鍼灸接骨院

〒350-0826
埼玉県川越市上寺山424-4
電話番号:049-290-0051
メールアドレス:info@yamabuki-amo.jp
営業時間:9:00~12:00 15:00~19:00

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2a6WVMF